ブレイク2回目

投稿日: カテゴリー: 雑記

慣れないことを続けてるせいでメーレさんの崩壊が止まらない。
何でこんなにいじりがいがあるのこのお父さん(偽)
もしかして私メーレさんが大好きなんじゃないだろうか。
以下、メーレ崩壊フラグ。


「やっとお前と会うことができた。私を父と呼んではくれまいか?」
「……お、お父さん、なの?」
「おお、そうとも、やっと会えてうれs」
「ハゲてるの?」
「ハ、え、え?」
「母さんが、お父さんはハゲてるけどそこが良いって言ってた。
 でもおじさんは黒々のふさふさだね、じゃあ・・・」
「い、いやいやいや!違うぞ、えーとこれはだな、あー・・・・そう、ほら、つけてるから」
「何だ、つけてるんだ!」
「そ、そうだ。そうだとも。だからレハトよ、私を父t」
「水虫なの?」
「水、ちょ、ま、え?」
「母さんが、父さんは水虫だったから大変だったって目頭を抑えながら話してくれたよ。
 でもおじさん、革靴に素足だよね。じゃあ・・・」
「ち、違うぞ!ちが・・・ああもう!ああそうだ、水虫だとも!
 指先にはきちんと布を撒いてるとも・・・・!!」
「何だ、水虫なんだ!」
「そ、そうだとも・・・。さあ、レハトよ、もう良いだろう。私をt」
「加齢臭きついの?」
「ちょ!もう何だそれ!?」
「母さんが、父さん正直臭かったって、遠い目をしながら話してくれたよ。
 でもおじさん、香水つけてるの?何か良い匂いするんだけど」
「こ、これはだな、あー・・・ほら、臭いがきついからな、香水でだな・・・」
「何だ、臭いんだ!」
「そ・・・・そうだ、臭い・・・ぞ・・・・」
     /
仕切り幕 プークスクス
     \
「笑うな!聞こえているぞ!!!」
「えーと、あと何だっけな」
「お前ももう良い!帰れよ!もう帰れよ!!!!」

関連記事