主従のあれこれ。

投稿日: カテゴリー: 雑記

グラ無しキャラの印愛はフェルツがダントツで、次点に年若い衛士です。
可愛いよあの衛士!
まとめて護衛にしてやんよ、でへへへ。
グレオニーよりもっと幼い感じで愛育みたい。
喧嘩しながら友好を育んでも良い。
もちろん年若い衛士に、未分化の寵愛者に手を出せる度胸も算段もある訳が無くて、
レハ様は成人してしまうのだけど。
そして地方貴族になって城から出てしまうと良い。
数年の歳月が過ぎて、成人をしたレハ様と
少しばかり落ち着きと精悍さを増した衛士で
何かステキな感じに焼けぼっくいに火がついたら良い。
未分化と成人したての幼さがあったから見なくて良かったものが、
今となってはまざまざと見えてしまって悩んだら良い。
悩むだけ悩んで何か活路を見出すもよし、
大人の諦めで貴族と衛士の関係を甘んじて受け入れるもよし、
周囲からやんや応援される青春群像の続きでもよし。
という主従に滾る思いを吐き出しております。


しかし、好きなのは身分差ではなく主従なので、
単純に身分差云々で悩まれても中の人は些かつまらない。
これは敬愛の他の何物でもないと悩む従者にみなぎるのです。
嫉妬か義憤かギリギリのラインでやきもきするのも良いけれど、
主が何をしたとして受け入れ信じていく従者の姿にこそ涙腺を直撃されます。
忠誠や忠義を、私は殆ど憧れに近い思いすら抱きながら見ているけど、
ただ付き従えば忠誠になる訳でもないし、
かと言って我が強くては従者の美徳を殺してしまう。
滅私という考え方なのかな。
でもそれこそ恋愛対象にするのは無謀な気がしてきたぞ。
甘酸っぱさを伴う恋愛って少なからず己が無ければ成り立たない訳で、
だってそれは想い人の隣に立つ権利を得るようなもので。
物理的に想い人の隣には一人分しかないのだし、
恋愛の絶対条件に嫉妬があると思ってるんですが、
嫉妬は即ち独占欲と取れる訳で、
独占欲なんて己が無ければ成り立たない感情であるからして。
恋が絡んだ時点で、私の好きな主従とは少し離れてしまうなあ。
従者が恋心をひた隠しにしてたらときめく。
己が保身ではなく、主の為と言うわけでもなく、
ただひたすらに己の職務に忠実であるが故のひた隠しだと尚たぎる。
あ、ちなみに私の中でのベスト主従はイズァローン伝説のティオキアとカウスです。
ここを原点に私の主従好きは始まったに違いないんだ。
主従好きには是非読んで欲しいよ。
語り合いたいよ。
カウスのあの従者っぷりは異常。元々文官だったんだぜ、それがりっp(ry)
主従で何がときめくって、否が無いところなんだ。
イエス、イエスマイロード。
この台詞だけで飯3杯いける。味噌汁まで任せろ。
厳密には全てにイエスでも無いのだけど、
この場合の否は、主があるべき姿であるとか進むべき方向であるとか、
そういうものを裏切らない従者の姿。
やっと気付きましたけど、私は主従萌えと言うか、従者萌えなんですね。
主は割と誰でも良いです。
出来れば何処か未熟な方が良いな。
完璧な主の格好良さは、恋心つか男惚れの域で、主従とはまたちょっと違う。
っていうのを考えてたら、テエロさんとヴァイルが凄いご褒美に見えてきた。
未熟な主と、職務に忠実すぎて恋心なんですかそれ斬れますかみたいになってる従者。
ヴァイルがテエロさんにもう少しデレてあげたら、
テエロさんも新しいデレ面と葛藤面を見せてくれると思うんだよな。
医士先生の呼び方も可愛いけど、まずは名前から呼ぼうか。
はい、せーのっ!テエロさ(吹き矢SEと共に暗転)
よし、衛士が完全に消し飛んだ。
医士と衛士の忠義もまた何か違うよなあ。
衛士verもきちんと落としてみたいな。
彼らの方が、いやテエロさんと比べるのもあれですが、普通の人だしな。

関連記事