最後の告白

投稿日: カテゴリー: 雑記

タナッセ友情verでは、断られた上にキャラクター無しEDになると分かっていても
しつこくしつこく最後の日に告白を繰り返していた中の人です。こんばんは。
友情タナッセに愛の告白をすると非常にスマートに断ってきてくれる訳ですが
気持ちは受け取ろうの言葉だけでも嬉しいもので。
最終日なら、気持ちは嬉しいとまで言ってくれる訳で。
どこぞの大型犬とはやっぱり違うよね!
何なのグレオニー!
やめて平謝りやめて!
頑張って護衛まで推したのに告白がトリガーで出奔てそれ何の冗談。
成人したら愛情そのままにヤンだレハ様が権力フル活用して炙り出すぞ(#゚Д゚)
つー訳で、
最後の日の告白の様子を色々見てきました。
壮大なネタバレになるので、追記に隠しておきます。


基本的に告白は
レハト側印象:愛&友35↑
対象キャラクター印象:友35↑ です。
◆ヴァイル 
告白中のヴァイルさんの可愛さは異常。
でも成人後に期待が出来る終わり方ですな!
性別も教えてくれるし、レハト次第で如何様にもなりそうな感じです。
色々縁談が降ってくる中、子どもで過ごした最後の日の告白を思い出して
何か悶々と過ごしたら良い!
でもさすがにヴァイルは元々王候補として過ごしてたこともあって
「愛の告白」と「縁談」ってのがかなりストレートに繋がってるんですね。
◆タナッセ
気持ちは受け取るし嬉しいと言ってくれる辺り、
友情タナッセの優しさが身に染みてもどかしい。
いっそ神官EDでディットンまで追いかけてしまえば良いよね。
その頃にはきっと心の整理も出来ているに違いない。
実は友情タナッセに告白しては振られるのが好きなのだと気付いてしまった。
何この気持ち!
◆リリアノ
有無を言わさず帰された。
え、ちょ、ちょっと待って、せめて言わせてえええええ。
◆ローニカ
愛情でも友情でも何かローニカのEDは全部切ない。
基本的にはグレオニーと同じような
「身分も違うし、貴方にはもっと相応しい人がいます」的な文句ではあるんですが
さすがローニカ。選ぶ言葉はソフトでも、ぴしゃりという感じです。
でも真剣さには気付いてくれてたみたいなのは、ちょっと嬉しい。
2度目の告白はさすがに顔が険しいのが悲しいけど!
◆サニャ
か……かんわいいいいいいいいいいいい(*゚д゚)=3
何かもう、あわあわするサニャちゃんを見られただけで
告白した甲斐があったというものです。
ヴァイルもそうでしたが、サニャちゃんにも好愛判定があるんですね。
10も無いと、気持ちが分からないと言われて
10↑であれば気持ちは嬉しいと言って貰えました。
会うの此処じゃなきゃ、か…。
◆グレオニー
護衛verと素verがありますな。
素verだと、告白の選択肢が出ないので明確なモノはないんですが、
逆に明確なものが無い分、断り方も何かうやむやな感じです。
あ、何か護衛verの告白断り文句見てたら目から汗出てきた。
アネキウスのご加護なんてどうでも良いから、
お前を護衛にしたままキャッキャウフフしたいんだようううううう!
これ見てて思いますけど、グレオニー鈍いんだか鈍さを装ってるんだか分からない。
相手の気持ちがあったとしても、自分の気持ちが固まっていない限りは
「俺の勘違いすよねサーセン!」とするような。
正門で「出て行きたい」と言った時の真摯な返答を思う限り、
そんな濁し方するようにも感じないんだけどなあ。
◆モゼーラ
モゼさん、印象の選択肢多いな!
とりあえず素verと愛20↑を試してみます。
身分は越える気概をお持ちのモゼさん格好良い!
でもモゼさんにとっての壁は身分より年齢差なのか…!
確かに自分より10近く年下の未分化相手じゃな…。
いかに男女差は少ないグラドネーラとは言え、何となく思うものもあるよな。
だって篭り終えて成人した男性レハ様、お肌絶対ピチピチしてるもん。
年が近い分(※現代人換算時)、モゼさんを思うとブーメランで私の心が痛むぜ。
◆ティントア
ティン様の最後の日、極端だな…!?
愛情ぶっちぎってるか、憎悪ぶっちぎってるかみたいな選択肢出ました。
そこまで極端にならないと行動しない子なのかな、この子…。
!(*゚д゚*)もじもじするティン様かわいい!
でももう一人には勝てなかったみたい悔しい!
すげえあっさり断られて、あっさりレハ様の恋も終わりました。
いっそ爽やか。
◆ルージョン
今起こった事をありのままに話すぜ。
俺はルージョンに告白するつもりで湖上を歩いていたのに
告白する間もなく、魔術師に弟子入りしてた。
でもばーちゃんからは何となく応援して貰えたので
とりあえず篭り期間から本気だしてルー様に告白の機会くらいはありそう。
これはこれとして、愛情EDの一つにカウント出来そうな気がします。
◆トッズ
トッズの最後の日を見ようとするたびに
生存or死亡の選択肢を見せられて何となく心が痛い。
本編プレイでは死亡は確認出来ないままでござる。その時点でOP画面まで戻っちゃうでござる。
こ、断り方半端ねえ……!
友情トッズのドライさ、凄いなこれ……。
どんだけ好みじゃなかったんだ、レハ様。
やっぱりお腹が強くなる薬飲んで雨乞い人形は大人しく受け取るような純朴な子じゃないとダメなんだろうか。
護衛就任verだと、かなり扱いはソフトになります。
確かに護衛前提の愛情はあるものの、
蓋をあけてみたら思ったより腹黒くてどうしよう、みたいな印象でしょうか。
◆ユリリエ
正直、爆笑されるのを覚悟の告白だったんですが
ちょっと興味深い事を言ってくれます。
ユリリエの友情って、自分との近さを判断基準にしているんですね。
告白をしても、自分と似すぎていて受け取る事は出来ない、と。
ユリリエと愛情を育む為に必要なのは、ユリリエとの決定的な違いなのかな。
そういえば愛情ED、決定打はユリリエにとってレハトが「不可解な存在」であることだったように思います。
でも何だろう。
一番こう、論理的にと言いますか、
身分差でもなく自分の信条に沿わないからその気持ちは受け取れないと言われて、
振られてる筈なのに清々しい。
さすがユリリン……!!!

関連記事