イベント回収/タナッセ嫉妬

投稿日: カテゴリー: かもかて

雨の日の遭遇がデレッセの本領発揮だとしたら
嫉妬は完全に ヘタレッセ本領発揮 ですね。
ちょっと待って。
嫉妬のはずなのに何でこんなに心が痛むの!
告白したじゃんタナッセ!
もうちょっと堂々としてても良いんじゃないの…!?
王城組は、さすがにこれまでのタナッセも知っている分当たりはソフトなんですが
侍従組のタナッセ警戒が半端ないですね。
ローニカと対面してたら、そのまま威圧感だけで殺されていたんじゃなかろうか。
サニャちゃんの対応が余りにも可愛くてホントどうしよう。
でも意外と、拳で殴りそうな子ですよね、この子。
いくつか嫉妬イベントを回想で見てるんですが
トッズ、自分が優位に居る分にはすげえ余裕を醸しだすんですね。
唯一、侍従護衛組で対面した殿下に食って掛からなかった人かも知れない。
これが大人の余裕ってヤツですか。
そして忠犬のように護衛にあたってくれるグレオニーに心底キュンとした。
他の嫉妬では散々へたれくさっていたのに…!
へたれ二人に囲まれる幸せ、プライスレス。
誰得かどうか分からないのですが
1発で成功出来て嬉しかったので嫉妬回収のイベント一覧を追記で晒しておきます。
※サイト拍手下さった方ありがとうございます!
 お礼は改めて別記事にてお伝え致します(*´∀`*)キャー


◆基本情報
ターゲットはローニカとタナッセなので、その他の人々の印象は基本的に無関心or友情。
中日はローニカの励みでじんわり名声&愛情稼ぎを目論見ます。
城と村の初期印象は 城>村。
城に居るっていうと、タナッセが嫌な顔してくれるから!(歪)
取引発生の為に王様になる宣言をしています。
◆攻略覚書
嫉妬が発動するのが、6月の不穏~ホイミンキッスまで終わった後になるので
どう頑張っても黒月の最終週間際。
今回も嫉妬が出たのは最終週の中日でした。あぶねえ。
互いの印象は割と早いうちに整ったので、後はこちら側の印象を絶妙な位置で止めておく程度。
キャラクターEDはタナッセを選んでいました。
◆動向とか
※クリアデータテキストより抜粋
【中日休日イベント一覧】
《緑の月》
ローニカ:噂1/噂2/広間でお茶を/礼節に励み/城での交流/噂3
タナッセ:正門での邂逅/玉座を望み/厭味の応酬
※舞踏会参加/悪評にならない程度でした
※ローニカ印象は全て印愛、タナッセは全て印憎。
 あまり細かい数値まで分からないので、ぽちぽち互いにとりあえず全部振ってました。
《青の月》
ローニカ:貴族というもの/悩みの相談/魅力に励み/見世物芸人(タナッセ)/交渉に励み/城下への用事/武勇に励み
タナッセ:/密かな鍛錬/噂1
※舞踏会参加
※ローニカが正門に居たからなのか何なのか、殿下が控えめでした
※愛振りまくってたお陰でローニカ印愛は愛してる突入。惚れっぽいにも程がある。
《赤の月》
ローニカ:光と陰と/市の日/釈明/山へと導かれ/成人の儀
タナッセ:婚姻の取引き
※舞踏会参加/しかし一度は殿下に無理やり連れて行かれるべきですよね。
※ローニカへ一度プレゼントを仕込んで、ローニカ愛情が整いました。
※タナッセの嫉妬を起こす分には、レハト側の印愛はいくら高くても良いのですが、
 最終的な印愛はタナッセ>ローニカを予定していたので、そろそろローニカ印愛は打ち止め。
《黄の月》
ローニカ:知力に励み/礼法の意味/共にいる者/仕える事仕えられる事/闇に生きるもの/忠義と恋情/信仰に励み
タナッセ:緊急の手段
※舞踏会参加 励みイベントのお陰で舞踏会前に名声は王候補になっていました。
※殿下の憎悪が足らないかと思っていたものの、湖に引き摺りこめたのでどうにか間に合いました。
《黒の月》
ローニカ:タナッセ側の嫉妬のみ
タナッセ:不穏/神の業、人の業/与えられるべき報い/結果と後悔/噂3/生殺し/心変わり/ささやかな儀式/嫉妬/最後の日
不穏起こしたら本気出す と言わんばかりにタナッセ一色の月になりました。
 本気出した殿下パネェ…!ゴクリ
※ギリギリに調整していたので、タナッセ嫉妬でローニカ・タナッセの印愛は逆転出来ました。

◆感想
こうしてイベント書き出してみると、意外とタナッセ側は少なくても大丈夫なんですね。
当初レハト側の憎悪が勝ってしまってハラハラしてました。
不安ならば、緑or青の月に占いフラグ立てておいても良いかも知れません。
余り数値管理に自信が無いので、たまにタナッセイベントの時に反転させてみて
愛してる状態になっているかどうか確認していました。
そして殿下イベントがようやく91%…!
残るは、憎悪EDか…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA