キャラクター攻略/正攻法でタナッセと愛を育み隊(実践)

投稿日: カテゴリー: かもかて

タナッセと正攻法で愛を育み隊。
初期印象『こいつは敵だ』から、どこまで上げられるんだろうという興味と
愛しき夢で狼狽する(であろう)姿を見たい一心でした。
◆攻略の前に
正攻法での愛情EDは迎えられません。
wikiでも書かれている通り、タナッセの愛情ゲージにはリミッターがあるからです。
これは反転愛情ルートを通らないと外せません。
しかしながら…これが逆に王子らしいというか、何と言うか。
製作者様の手腕に頭が下がる一方です。
そして、攻略ルートは十人十色だよ!(・∀・)
あくまで中の人が辿ったルートであり、と言うよりもかなり偏った攻略をしてるので
他イベントとの同時並行回収には向いてないと思います!
ということで、色々振り返って整理しながら
以下、タナッセ正攻法情報でございます。


正攻法にあたっては、いかな小さな愛情upも逃したくない!ということで
オープニングから全て見てきました。
衣裳部屋で戸惑うとタナッセさんがもごもごしながら愛upしてくれるから!
さて、今回はローニカさんの壁が思った以上にでかかったので
禁術オッスおらネセレ発動です。
名乗った瞬間に愛情がマイナスになりました(※でも友情はプラス)
ついでに陛下の愛情もマイナスに入りました。
…名前だからね…。
殿下にレハト呼びされないのは少しばかり心残りですが万全を期したいのでございます。
僕の波乱に満ちた王城生活はこれからだ!
…全員の愛情を下げる事にだけ腐心する主人公…。
未だかつてこんなプレイしたことありません。
とにかく焦点をタナッセ一本にしないと攻略できそうに無かったので
会う人会う人、ことごとく忌避判定発動させていました。
城内から続々と人が消えていく!
避けられてる、今、僕すごく避けられてる!
◆攻略覚書
上記の通り、とにかく人を避けまくっていました。
イベント回避、と言うよりも、愛情占いの可能性を少しでも高めたいが為です。
なので、本当に、誰かとの混合イベント回収には死ぬほど向いてない情報です。
◎城と村印象は 城<村
 これは序盤イベント「正門での邂逅」で愛を稼ぐ為でしたけども。
 その後は別に動かないんで、好きに振ってて大丈夫だと思います。
◎登場人物は極限少なく
 ユリリエ・トッズ・ティントア とイベントやパラメーターが必要な方々には
 今回はごっそりご遠慮頂いています。
 と、特にユリリン…だってユリリン、軽やかに好愛No1を持ってくんですもの…_| ̄|○|||
◎タナッセへの印象
 基本的には緑背景を保持しながら調整していました。
 緑背景保持しながら振っていても、タナッセは元々[愛-20/友-10]の人なので
 必然的に友情に振るポイントの方が多くなっていくと思います。
 ちなみに中の人の初対面時印象は [愛4/友11] ◎選択肢について
 タナッセ側の愛情が上がる選択肢ばっか選んでました。
 でももしかしたら、クレッセイベントを先に回収する方が良かったのかなあ…。
◎あまりにも。あまりにも殿下がつれないから
 EXCELまで使って印象チェック表を作ってた訳ですが。
 いえ、私自身のストーキング気質は…良くはなくとも置いておくとしてですよ…
 やっぱりタナッセ、主人公の印象に引き摺られてます。
 どう見ても、支援版で見える数値の上下を記した結果と、
 タナッセの好愛値がどんどん掛け離れていくんです。あ、もちろんプラスの方に。
 数字だとまだ一桁なのに、状態を見ると「友達」になっていたり。
 どうやらキャラクターによって、主人公の印象に引き摺られる人が居るらしいんですが
 タナッセは愛情も友情も主人公の印象に引き摺られているっぽい、という印象。
◆動向とか
ベースになるのはwikiのタナッセ友情の項目です。
友情から上げて、愛情が上がるイベントを起こしてそこを突付く感じでしょうか。
【中日休日イベント一覧】
※クリアデータテキストより抜粋
《緑の月》
タナッセ:正門での邂逅/噂1/玉座を望み/厭味の応酬(ヴァイル)/密かな鍛錬
※玉座ではヴァイルを邪魔と言い張り、厭味の応酬ではタナッセに味方する。
 もう「顔が好みだったんです」位しか、ここまで食い下がる理由が分からない行動ですね。
※タナッセが居ない隙に、図書室ではさらっとモゼーラさんを苦手認定。
 どこまでもタナッセしか見ていない。
《青の月》
タナッセ:待ち人あり/噂2/詩の朗読/噂3/印と才と/噂4
※待ち人ありの時点でタナッセ好友は0になってました。いつの間にお前…!
※詩の朗読は、パラメーターの縛りがあります。
 友情up→武10↑知40↑魅30↑
 愛情up→武10↑、知20~39
 武勇足りなくて本を取り落とし、呆れた顔されました。ごめんね鈍い子で。
※印と才 のタナッセとの手合わせは、勝っても負けても変わらんです。
 ただタナッセ殿下、結構容赦なく斬り付けてくるので、勝っとく方がその後は楽かも。
※そして青の月が終わるまでのローニカイベントで、こちらも苦手認定。
 どこまでもタナッセしk(ry
《赤の月》
タナッセ:受取人不在/類いなき籠/詩歌披露会/知恵の時代/宿題提出/励みの理由は
※詩歌披露会、友情が高いと「お前なら出来るさ!」と
 王子らしからぬ爽やかさで見送ってくれるんですがこのルートでは怒られてます。
 でも実は、じんわり愛が上がってた模様。ツンデレが出よった…!
※励みの理由では、頼み込んで訓練をしてもらいました。
※そして中庭で歌う子どもがあらわれました。わあ、お城が静かだよ…。
※赤の月が終わるまでに、中庭での占いフラグを終了しています。
《黄の月》
タナッセ:一緒に訓練/望まぬ縁/クレッセ/もう一つの未来
※驚くほどタナッセが居なくなり、という事はいよいよ城内・グレオニーとサニャちゃんしか出てきてくれなくなり、
いやそれはそれで両手に花っていうかねでへへへ
 それはさておき、友情占いを一度混ぜてます。これで望まぬ縁フラグが立ちました。
※もう王様の歌が段々怖くなってきたんで、ギッセニ男爵に肖像画を依頼しました。
 だ、だって…地味に場所移動しながら聞こえるんだよ…!こ、こわいようぶるぶる。
※クレッセイベントでは、一度帰るフリしつつ鹿車に乗ると愛情up。
 そのまま本当に帰っても 友情up。
 何故、そこに、友情を感じたし。
※此処らへんからタナッセの友情がぶっちぎってくるので、割と何答えても愛か友上がります。
《黒の月》
タナッセ:選定の印/武勇に励み/告白/雨の中の遭遇/知力に励み/愛しき夢/最後の日
※いよいよ励みイベントも出てきた、何とももどかしい蜜月到来
※無事に愛情占いにも出てくるようになり(それでも初回は2位/1位はヴァイル)夢も回収!!!
※最後の日に告白をしたら、悲しい一人身の王城ニートになりました。ブワッ…

◆感想
…それにしても、この長さ…!今までの攻略情報で一番長い筈です。
私はもしかして、タナッセ党だったんでしょうか。
とにかく、正攻法やってみてすごく楽しかったです(*´∀`)でへー
そしてやっぱり、反転ルートじゃないと愛情EDはダメなんだなと言う事も改めて実感致しました。
何と言うか…結果として友情ルートにはなるのですけど、
それは結局のところ、お互い別の道を頑張ろうな、っていうある意味卒業的なもので。
一緒に行こうなって言う愛情ルートとは違うのですよね。
でもな、タナッセ。
もどかしさ溢れる。
もうちょっと自分に素直になったって良いんだぜ?
親友以上を望み 状態での友情EDってときめきが止まりませんね。
ほら、大丈夫!ちゃんと(色々見越して)女性分化しといたから!
長々とした記事を読んでくださった貴方様にも感謝を!(*´∀`*)ノ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA