都市と力/ご紹介

投稿日: カテゴリー: フリーゲーム

ありのまま今起こったことを話すなら、12H近くすでにプレイしてた。
な、何を言ってるか分からないと思いますが、私も何が起きていたのか分かりません。
分かっている事といえば、うちのソードマスターさんがまじIKEMENってくらいです。
なんて時間泥棒なの……!!!
まじ時間泥棒してくれたのは、
親愛なるグレイのウディコンレビューから気になってた『都市と力』。
公式サイト様はこちら!(`・ω・´)ノ
都市と力/ガラクタ置き場のメモ張様
※右側のメニューから直接ロダへリンクされてます
実は8Hくらいプレイしてようやく「あ、ED見てない」と気付いてEDまで見てはいたんですが、
そこから延々と時間を泥棒されていて、今ようやく画面を閉じたところです。
中毒性すごいよー、こわいよー……!!!
まだこれから続ける気満々なんですが、まずはご紹介です!
ネタバレって言うほどネタバレはないと思います。
でもすごく長いです。


■基本情報■
・製作ソフト:ウディタ ファイルまるごとDLして解凍するだけ!
・ジャンル:育成RPG
・プレイ時間:1周辺り……どうなんだろう、公式様では5Hとされてます。プレイの仕方によってはもっと短くする事も出来そう。私はどっぷり育成にハマりこんでしまったので、8H越えて尚クリアしていませんでした。
*あらすじ*
力が全てを統べる都市で、奴隷商に囲われていた主人公は『マスター』の資質を見出されます。
奴隷からの完全な解放の条件は、その力を知らしめること。
マスターとして、ペットと呼ばれる人だの獣だの霊だのを使役し育て上げ、闘技場を制覇すること。
力さえあれば誰も何も言わない。そんな都市でペットをひたすら育てるのです。

ジャンルとしては育成。多分ポケモンとかそういう感じのが一番似てると思います。
主人公が戦う場面は一切ありません。
ひたすらペットが頑張ります。
ペットが負けたら無かった事にして再挑戦を繰り返すか、マスターが潔く土下座を決めます。
■基本システム■
初めに言っておくなら、
・育成が好き
・レベリングが好き

この2点にヒットするならもうとりあえずプレイしてみて良いと思うんです。
あらすじは上記の通りなのですが、いや、これシステムが面白いのかな。
何なんだろう、この中毒性……!!!
基本的にやる事といったら、『ペットを育てます』 ただこれだけです。
ただただ戦闘を繰り返して、時に修練にぶち込み、時にブースト木の実を食べさせ、
とにかくペットを強くしていくだけなんです、が……っ!!
うおおお、面白いんだよおおおお。
育成好きとレベリング好きには堪らなかったんだよおおお。
ななな、何がこんなにヒットしたんだろう。整理しよう、ひーひー。
■特徴1.好きなペットを選べ!
ペットの選択幅がほんと半端ない。
基本的に作中に出てくるモンスターのほとんどをペットに出来ると考えて良いと思います。
(さすがに全部検証は出来ませんが、通常ダンジョンに普通に出てくるモンスターはほぼ対象じゃないかな)
一応一番はじめに一人ペットを付けてくれるので、そのペットを育てても良いし、
敢えてまったく別のペットを引き連れても良い。
ダンジョンで出会うモンスターがペットになり得る……!何だこの楽園は!
このキツネさん(もふもふ可愛い)でも良いんですか!
あのルシファーさん(半裸IKEMEN)でも良いんですか!!
その雪の女王様(麗しいダンジョンボス)でも良いんですか!!
ミノタウロスだって、NINJAだって、角を生やした小悪魔な可愛い女の子だって、
リザードマンだって、ペガサスだって、全部、全部、ペットに出来ちゃう。
私は一番はじめに貰ったソードマスターさんがあんまりにもIKEMENだったので彼を偏執的なまでに育ててます。
うちのソドマスさんまじIKEMEN。
■特徴2.好きに育てろ!
ペットの強くなり方には幾つかのパターンがあります。
・レベルアップによる成長補正
全部で13パターンの成長型があります。
レベルアップ時に上がる能力の型と言えば良いでしょうか。
例えば戦士であれば体力が、盗賊であれば速度という感じです。
この成長補正も、選択が出来ます。
そのペットでどうやって戦いを進めたいかによって型を決める事が出来ます。
更には途中でアイテムによる変更も可能。
ここから何が出来るか。
ローブに身を包みアンニュイに本を持ちながら モンスターを腕力で切り捨てる魔導師にしたり、
大剣を振りかざしながら魔法連打する ただし魔法は剣から出る剣士にしたり、
しなくて良いと思いますけど。うん。ただ想像が楽しいだけで。
・修練
恐らく終盤に近付くにつれお世話になるのが修練。
これはレベルアップによる補正と違って、職業・成長型による数値変動はありません。
いくら虚弱な子でも、脳筋でも、体力訓練で上がる上昇値は同じです。
※ただし行なえる修練のレベル制限はあります
1点集中、特技をひたすら伸ばす修練を行なうか、
万遍なく伸ばす大器晩成型を狙うか、
これはこれでまた悩ましい。
・ブーストアイテムの使用
いつでも買える、という訳ではありませんが、各パラメーターを底上げする為のブーストアイテムもあります。
修練や成長補正ほどの上がり方では無いにしろ、入手が困難なものでもないので
これはまた、お気に入りのペットに使うもよし、捕まえたは良いけど自宅警備しかしてないペットに使うもよし。
でも大体お気に入りのペットに全弾投入しちゃうのがこれまた人情。
・合成
育てたペットは合成可能!
製作者様が40%の思いつきと勢いと、40%の浪漫で追加された機能です。
残りの20%は、他のペット達にも用途を!という親心でしょうか。
ベースとなるペットに、素材となるペットを用意して合成どーん。
するとほら、250まで育てたソドマスさんがピチピチのLv1に!
ここからまたレベルは上がるので、結果としては前世よりは低いレベルで前世に近いステータスに戻ります。
※これはまだ私も試してる途中ですが、修練での上昇>レベルアップ補正による上昇 の場合はさすがに前世通りとはいきません。
■特徴3.戦闘とスキル
戦闘は基本的にスキルを使って行ないます。
そして戦闘にスピード感を持たせているのがスキル設定です。
特徴的なのがスキルの『CST』と『キャパシティ』という概念。
それぞれのスキルにはCSTとキャパシティが設定されています。
戦闘中の行動可能数を現すのがCST
ペットが覚えられるスキルの容量を現すのがキャパシティ。
調子こいてあれこれスキルをつけるとペットがキャパオーバーを起こして性能ダウンしちゃうので
性能ダウンしない範囲、且つ一ターン内で行なえるCST数に抑えたスキルの組み合わせをあれこれ試行錯誤する訳です。
一発単価のでかいスキルで一撃必殺を狙うか、バフデバフを駆使して戦い抜くか。
このスキルもペット種族や型、レベルによる制限は一切ありません。
さらにはステータス補助となる装備に関しても同様に制限はありません。
ゆえに装備が整いだした二人目以降・合成後の育成はほんと早い。
■特徴4.ダンジョンシステム
ダンジョンも特徴的。
マップを歩き回るタイプではなくて、常時あらわれる3つの選択肢を選んでいきます。
この選択肢もランダムに現れることと、道中の選択肢である程度難易度の調整が可能なので
これもまた飽きにくい要素の一つと思います。
ひたすら資金繰りの為に売却用の素材集めに奔走したり、
レベルアップを目論んで強敵にばっかり挑みながら走り回っても良い、
スキルや装備を集めるためにトレジャーハントしても良い。
ダンジョン内には職業別の冒険者達も居たりして、
道中の手助け(モンスター遭遇率の変化やレベルのダウン、経験値倍増)や、
嫌がらせ(モンスターレベルUP)をしてくれます。
闇魔導師グギギギ。
_ノ乙(、ン、)_
基本システム紹介だけで力尽きてしまう。
長すぎるんだよバカ!

■プレイ感想■
うおおおあああ、たんのしいいいなああああなにこれえええええ!!!!
育成と淡々としたレベリング好きには堪らん!
うちのソドマスさんまじイケメン!!!!
レベル上がるのさっくさくだし、ソドマスさんまじイケメンだし、あああもおおおホントイケメンだね君!
早く都市出て二人で暮らそうねえええええ!!!!

リアルタイムで打ち込んでたメモがKONOZAMAです。
もう、ほんと、育成とレベリング好きには堪らんのです!
さっくさく強くなっていくうちの子を見てるだけで楽しい!!!
誰か一人、好みのグラフィックのペットを見付けられたら勝ちだと思います。
もうその子の育成から逃れられない。
そして、脳内補完とか脳内妄想力が潤沢な二次創作畑の方だとより一層楽しめそう。
何しろ主人公もペット達も一切喋らない。そこがまた良い。
わずかながら、EDでちらっと喋ってくれないものかと過ぎりはするものの、
全く喋らない。全っ然喋らないよこのソドマス。
くそっ、つれない!もどかしい!
もどかしいけれど、またこれがゲームの世界観なんだろうな。
あくまでマスターとペットという力関係があって、対等ではなく、ましてや友人じゃない。
けれどペットでありながら個々の意識まで剥奪されているかどうかまではゲーム中では明かされず
あああもう、そこらへんどうなの。どうなのソドマスさん。
そこらへん掘り下げていくと、またこう、何と言うんですか。
主従好き脳がフィーバーし始めて非常に楽しいです。
それにしても、
屈強に育て上げたソドマスさんが黙々と素材をたくさん拾ってる姿を想像するだけで胸熱。
修練と称した熱湯風呂に入れられてるソドマスさんを想像するだけで胸熱。
あ、フレアさん(赤甲冑系マグマの人)とりあえず鎧は脱いでから風呂って頂けますか。
セルフ追い炊きやめてください。
サブナックさん(猫顔人型キメラ)可愛いなあ、たてがみ可愛いなあ(*´∀`)でれでれ
\もふもふさせろー!!/
ちなみに複数ペットを育てても、別に使い道があるって訳じゃないです。
複数ペットのレベルが幾つ以上ないと攻略出来ないとか、二人以上いないと進めないとか、
そういうのは一切なくて、一人を集中育成しておけばEDまで一気に走っていけます。
むしろ一人に集中して育てる方が資金も装備も分散しなくて良いくらい。
しかし!だからこそ!
育てるのは完全に趣味であり、愛情のみが試される。
メインとなる稼ぎ頭の元、次に才能を開花させるペットを好みで選び、再び育て上げる。
ああもう……育てるの超楽しい……。
自室に増えていく人外達を見て悦に浸っています。
俺、この都市出たら人外達とキャッキャウフフして過ごせる楽土を作るんだ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA