\特技:エスパー/

投稿日: カテゴリー: フリーゲーム

あることないこと数珠繋ぎにしてエスパーするのは既に性分でございます。
EDから膨らみすぎた各キャラクターの感想やら考察…といえるほどではないので、やっぱりエスパー。
を、書き散らかしておきます。
2周目を見たらまた色々印象は変わりそうな気がしているのですが
初回に嗅覚と直感で見つけたものって意外と後々まで響いたりするので
備忘録の意味も込めて気持ち悪い長さのED感想を書き連ねています。
そして黒歴史になるのだろうな。
私知ってる。
何とか3人ずつのペースで上げられたら良いけど、
正直ポーシャちゃん辺りどう掘り下げたら良いんだろう。
全然接点持ってなかったんだ、あの子……。
・アテナちゃん
・オリオン君
・サーベント
※以下、全力でのネタバレです※
※ゲームクリア・おまけページ閲覧まで満たされてる方がおすすめです※


○アテナちゃん
アテナちゃんはやっぱりシルフィの里へ戻ることに。
愛すべき恋する乙女。
でも中の人は怯えてます。純粋眩しすぎて怖い。
いつかきっと報われると思うから、早くその手紙を出すんだ。
オリオン君、地味に婚活進めてそうだから……!!!
アテナちゃんはテーマとしてはやっぱり神子なんだなあ。
【色々思い出す】
シルフィ村の印象についてはアテナちゃんのキャラクターエピソードで少し書いたなあ。
今回は少し視点を変えて、誰かと比較して遊ぼうと思います。
同郷のオリオン君と比較してみようかとも思ったんですが、
境遇を整理してみたらセネカ様の方が近そうだったのでそっちの方面からアテナちゃんを掘り返してみる次第。
そもそもアテナちゃんに何でこんな陰鬱な印象を持ってしまうんだろう。
シルフィ村もEDでは変わって、神子様への全面依存から改善はされてる筈なのに
何故か私自身の中で、まだ拭いきれないものがあるのです。
======(・ω・)<分類ここから======
ここまでキャラクターについてあれこれ考えてみて、
あらかじめ出生から、取替えのきかない役目・身分を負っているキャラクターが多い点も気になっていました。
筆頭に上がるのはセネカ様。それはもう完璧なる勇者の直系だからね。魔王もいるし。
続いてファーディとクリフ君。
この二人の場合は、あらかじめ身分こそあったけれど周辺環境で別の役目を自ら担っている組でしょうか。
モディさんは出生がよく分からないので今回は除外。
そして4人目に挙がるのがアテナちゃん。
生まれながらに神子としての素質を持ち、そして母君も同じ神子だった事からもセネカ様タイプの直系かな。
======(・ω・)<分類ここまで======

セネカ様も勇者直系の血筋を持って、ゆくゆくは国ごと任せられる身。
アテナちゃんと比べると担う重責はセネカ様の方がずっしり来てそうな気もするんですが、
セネカ様って意外とそういう所を感じないんだよなー。
この部分の違いが何だろうと思案していて思いついたのが、その目的と評価。
何か小難しい話になってきた。
まさか恋文でオーバーヒートしちゃう愛らしい乙女からこんな話出るとは思わなかった。続けます。
人々の為に己の身を投じる、という点ではセネカ様もアテナちゃんも似てはいるんです。
でも決定的に違うのが、その目的と実績(=評価)。
言うならばセネカ様の置かれてるポジションはトラブル解決型。
そしてアテナちゃんのポジションは、保守型。
この二つの何が違うのかと言うと、これ中の人すでに仕事思い出して辛くなってきてるんですけど
トラブル解決型はどちらかというと非常に感謝されやすい仕事なんです。
トラブルが起きた際に呼び出されて解決を行なうのだから、実績は解決になる。
逆に保守型は、現状維持がメインの仕事になるのです。
トラブルが起きないことを前提としているので、マイナス面が起きて解決をしたとしても、それが評価には繋がりにくい。
アテナちゃんの場合、村の平穏が最大の実績であるにも関わらず、
それを評価してくれる人がすごく少ないように見えるのです。
しかも、保守型って終わりが無い。
私が感じていた拭い切れない何かは、この終わりが見えない辺りだ……!( ゚д゚ )
その役目を己の習慣として消化出来るなら、多分それは生き甲斐になる。
ささやかな救いとしては、アテナちゃんはそれを生き甲斐として進んでいけそうなこと……なのかな……。
そういう意味でもシルフィ村は早く開かれるべき。
アテナちゃんを思うたびに私の胃が痛むから!((((゚ω゚;)))))
○オリオン君
思わぬブーメランを食らって私の胃がシクシク痛むよ!
愛すべきKYオリオン君のEDを振り返ろう。
なんというかオリオン君の逞しさとかこのKYさって、本当、ミドリちゃんとはまた別の意味で癒される。
ぜひそのままの君で居て欲しい。
そしてオリオン君は村へは戻らずに傭兵稼業を続けて今しばらくエニスの町へ滞在してくれるのだとか。
ED中の離別ラッシュで心が折れかけていた中の人に光明!!
オ<あんたたちは特別だ
はい!クリフ君とセネカ様限定のオリオンデレ入りましたー!!!
オリオン君、意外とデレますよね。
というか、ツン発動するのってアテナちゃんの時だけですよね。
サーベントにも友好的な話をしているのを見て誰でもかれでもツンする訳じゃ無いのかと衝撃を受けました。
【やっぱりシルフィ村かよ】
\やっぱりシルフィ村だよ!/
いや、本当にアテナちゃんを振り返った後だと、オリオン君の村愛はものすごく対照的で。
逆にオリオン君は、自分はいくらでも村を出る選択肢があるにも関わらずに、
本当に一直線に村を愛してる。
もう何なの、手紙書いてて超可愛いんだけど。
何か見てると、オリオン君を目を細めながら見てるおじいちゃんおばあちゃんの気持ちが超分かるんだけど!
うんうん、早く嫁探そうね。すごく近くにいるから早く気付いてね。
……何かオリオン君、清々しいほど村愛!で、何かもう今更掘れるような事が思いつかない。
強いてあげるならお兄ちゃんとの確執かも知れないのだけど、
多分もう本人、言うほど兄ちゃん気にしてないんじゃないかなあ……。
モディさん編で今なら言える事があるって言ってたけど、多分シルフィサイダー旨いとかそういう事じゃないかな。
私はオリオン君を何だと思ってるんでしょうね。
何となく吹っ切れてるような気がするのは、オリオン君が他の人と話してる風景を見れたからかな。
傭兵仲間に自慢の村だから遊びに来て欲しいと、素直に言えている辺り。
友達できたんだね、本当に良かった。
だめだ、オリオンさん見てると私がシルフィ村のご老人になってしまう。
あとおまけページで言われてるほど性格は暗くも悪くも無いかなと(笑)
オリオン君のKYは愛すべきKYです。
多分、他の皆もオリオン君見てると村のご老人の気持ち分かるんじゃないかなー。
頑固者かも知れないけれど、その根底にある行動指針はすごく明確なので分かりやすい。全くブレない。
やっぱり君は君のままで居て欲しい。
よし。やっぱりオリオン君で私が見られるのはこのくらいが限界みたいです。
○サーベント
\実に3度目の叙任の儀式/
王様まじ心広い。
サーベント元々一介の騎士よりももっと高い位に居るべき人みたいなので
これはこれで納まるべき場所に納まり直したと言うのでしょうか。
まあ中の人正直、叙任の儀式で雇えなくなっちゃう事にショックを受けてましたけど。
\基本的に手放したくない!/
えーと、うん。
叙任の儀式は、モディさん喪失のショックで殆ど覚えてない。
祝いの言葉を述べながらぐずぐず泣いてるメモしか残ってないです。なんだこれ。
(おまけページ閲覧中)
それにしてもサーベントはイケメンである。
今の『わたくしの魂は汚れてますからそんな資格ありません』とへたれる(あ、へたれだ。へたれ属性持ってた)サーベントも好きだけど、
当初キャラ草案にあったという怒りやすい属性があっても、私は!一向に!構わない!
盲目にも程があるね。そうだね。
【騎士の本分】
忠誠とか騎士が好き過ぎてまともに書ける気は無いのだけど、
サーベントのメインテーマとも言える剣と忠誠について妄想を逞しくしようと思います。
サーベントに盲目なので基本的には何してくれてても「あらあらうふふ」と眺めている所存なのですが
本編プレイ中に持ってた違和感をこの機会に吐き出してみよう。
・違和感1 まじでそれだけで騎士やめちゃうの
・違和感2 どんだけ叙任の儀後悔してんの

1はサーベント編での騎士団解雇でのお話。
2はモディさん編で「でもわたくし、国王様にもお会いしたいんです(超訳)」してくれた時のお話。
どこから考える方が良いんだろう。
多分私が一番違和感を覚えてるのは、
騎士の本分がすでにサーベントの中で二分されているように見えるからかもしれない。
『主君の為に尽くす』という忠誠を持つ騎士と、
『国を乱す輩には天誅を』という治安特化型の騎士。
この二つの騎士像が、サーベントを構成してるとエスパーしてます。
サーベントを見てると、困った人を見過ごせない、という善人気質と言うよりは
(いや、良い人だと思いますし、実際良い人でもあります)
国を乱す輩には容赦しない という方が何となくしっくりきます。
根本的なところが、王国騎士団。国を守る騎士。血筋とか家柄もあるのかなー。
完全におまけページのネタバレですけれど、シャイロック商店の密告をする辺りでなおさら感じました。
そして、それらを見事にへし折ってくれたダイナスまじダイナス。29歳山羊座男子。
主君と忠誠を詰め込んだ剣を取り上げ、誇りを踏みにじる土下座強要。
本当にダイナスはドSですね。その席譲れちくしょう……!!
これまで王国騎士団として過ごす分には何も相反する事無く持っていられた二つの騎士像のうち
一つ目『主君の為に尽くす』という忠誠箇所を、物理的に失う訳です。
当初は主君に忠誠を誓った剣を取り上げられたという点がサーベントのトラウマポイントかなとも思ったのですがさすがにそれだけでは理由に弱いような気もする……。
剣と引き換えに人々を無傷で助けられたのは賞賛されこそすれ、解雇に至るまでの出来事ではないような気がするのです。
そうすると、サーベントを構成してるもう一つの騎士像・『国を乱す輩に天誅を』が疼いたのかなあと。
人助けは出来たけれど元凶の山賊は放置するしかなかったものな。
そうエスパーを進めていくと、サーベントの過剰なまでの自分sageも何となく納得は出来るような気はする。
憧れとして王城騎士団に志願したのでなく、すでに出生が騎士のサーベントにとって
構成してる騎士像を二つも<パーンされちゃ、そりゃ収集つかないよな。
さて。そこから話は進んでのダイナス討伐編。
ここで、サーベント構成の『忠誠』と『天誅』が完全に天秤にかけられます。
そして『天誅』を選ぶサーベントは格好良い。
うーん。サーベントの一番根底にあるのは、忠義ではなく治安っぽいな。
さらに言うなら、国。
かといって優先度を簡単につけられなかったのはその後のモディさん編辺りでも露になります。
行動に現れるのが『天誅』であるなら、それをより揺るがないものにするための象徴が『忠誠』。
指針がブレないオリオンさんに迷いが見えないのは、それが見事一本筋として成り立ってるからだろうな。
そうすると、最終的にはきちんと王城に認められて騎士としての忠誠を立てられたEDは
サーベントがやっと本来あるべき姿に戻ったと言うか、そんな感慨もありますなー。
何でセネカ様お手製の叙任の儀だけで満足できないのだろうと思っていたけれど、
根底にあるのが『国』であるなら、何となく納得は出来ます。
君が忠誠を誓っているのは、人でなく、国なのだね。
だとしたら極度の村デレであるオリオン君と通じるものがあるのも分かる気がする。
\でもいつでも護衛に来ていいのよ/
長々とエスパー話ばかりしていますが中の人は
誕生会奉行ではグダグダの進行を見せて酔い潰れ、
焼肉パーティーでは年上陣にいわれの無い説教を受けるサーベントを心から応援しています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA