通常営業

投稿日: カテゴリー: 雑記

空白期間中の所業あれこれを、需要あるか分かりませんが言い訳程度に並べておきますね。
半分くらいはかもかての話題、の、筈。
えいえい。
【所業1.人狼】
かもかてクラスタさん達がキャッキャプレイなさってるのを知って、
かなり遅めでしたが、こっそり参加したり、してなかったり、噛まれたり、吊られたりしています。
ググればすぐに出てくるんですが、一応人狼について簡単に。
昼間は人の姿を借り、夜な夜な人を食い殺す人狼が忍び込んでいる村を舞台にした
複数人数参加式の推理チャットゲームです。
私が入り浸っていた所では、一度にプレイする参加者は8名前後~17名。
プレイ時間は大体1時間ってところでしょうか。
この参加者の中で、いくつかの役職が割り振られ、人狼は村の壊滅を、村側は人狼の殲滅を目標に
推理を張り巡らせてゆくゲームです。
ルールとしては非常にシンプルなのですが、そこは中の人が居るチャットゲーム。
騙り騙られ、ミスリードもありと、すごく奥が深い……!!
何か久しぶりに脳みそフル回転させた気がする!普段使わないからね!だって筋肉で出来てるからね!
まだ片手ちょっと分くらいしか参加したことは無いのですが
ルールに慣れてくると観戦して推理しているだけでも充分楽しめるゲームです。
そして高確率で、観戦した後は吊られる悪夢を見るゲームでもあります。
参加してる中、グレオニー党・党首様にもリアルタイムでお会いしちゃったでへへ(*´∀`)ノ
\党首様、僕です。噛んでください/
【所業2.TRPGへ片足突っ込む】
TPRG:テーブルトークRPG
中の人達がキャラクターを作って、共通の世界やルールの元キャッキャウフフするこちらも会話形式のゲームです。
元々RPGやファンタジーは好きだったものの、プレイ出来る環境も、
そもそもルールすら全く分からない状況なのに参加してます。
かもかてクラスタで集まって、初心者同士でルールの確認しながら進めております(*´ω`*)
キャラクター作成時、 「脳筋なのに何してるの!」 「脳筋じゃないのに違和感」 と言われた虚弱賢者プレイヤーがこちらになります。
脳筋は外から見てたいんだよう。
ただ、作ったキャラクターも極端に偏ったパラメーターなんで、ある意味脳筋亜種としてもおかしくないと思います。
バランスとか!そういうのわからないから!僕わからないから!(゚∀゚)
【所業3.かもかて】
通常営業のかもかては、相も変わらず愛情Cに滾っております。
・護衛任命
・告白
・最後の試合
・衛士の決心

もうこれらをカバーしたプレイを出来た時点で、私は満足だ。実に満足だ。
やるべきこと全部やったった感。
攻略情報載せようかと思ったんですが、よく見たら以前のプレイもこれら網羅してました。
っていう愛情C話してたら思いの外長くなったので、コレ以上は追記に隠しておきます。


もうとにかく愛情Cが好きなんだ……!
一直線に愛情育んで進んでいく愛情Aとはまた違う趣!
何が漲るって、名声が必要なことなんだ、名声!
名声キラーグレオニー!
以前にも愛情Aのと愛情Cの対比を書いたけれどまだ書き足りない。
まだまだいける。丼もってこーい。
御前試合に勝てないグレオニーに印愛を育んでいるのは同じなのだけど、何しろ違うのは名声が絡むこと。
特にこの場合の名声って、名誉ではなくてもっと何と言うか
誰かを動かすことが出来る『権力』に近いものだと思います。
そしてこの権力を持つことが出来るのは、徴持ちだからこそ。
レハト自身が、レハトにしか出来ない方法で力をつけること。
もう脳内レハト様炸裂していてアレなんですが、
村に居た頃とは違う種類の力があることを初めて自分で知ったんじゃないかと思うのです。
それは己の意思でもって、誰かを動かせる力。
己の存在でもって、誰かが動く力。
愛情Cで私が何より好きなのは、互いが互いの持つ力でもって護ろうとしている点なんだ。
グレオニーは剣と物理的な力によって。
レハトは権力によって。
そしてそれが裏目に出てしまう所も、すごく好き。
中途半端に持ち得た力が裏目に出て、結局レハトは襲撃されて、グレオニーは右手を犠牲にする。
自分が名声を得ることなく、目立つことなく過ごしていれば、
二度に渡る襲撃は起こらなかったのではないか。
グレオニーを護りたくて得た力は間違いだったのではないか。
グレオニーはグレオニーで、自分の力不足で幾度も襲撃を受けたのではないか。
とかなんとかね!
もうそんな事がぐるぐる駆け巡ってしまって、本当に楽しい。愛情C。
何とかこれを物語としてまとめられないかなと模索はしてるんですが、
脳内が楽しくなる一方で一向に形になる気配がありませんでした。
書きかけを供養しておこう。なむなむ。
g_loveC_graf.jpg

関連記事