いいにいさんの日ときいて

投稿日: カテゴリー: 雑記

とりあえず良い兄さんと聞いたので、何ぞ(脱ぎっぷりの)良い兄さんでも作ろうと思いつつ
どうやら今はsaiさんと仲良くなれなさそうだったので早々に諦めてきました。
描きかけので適当に茶を濁しておきます。えいえい。

グレオニーはマントだってずっと思ってたから、こっそりマント内にレハ様を隠せるような
そんな妄想を繰り広げてたんですがマントじゃなくてコートでしたね。
コートの中……か……。
未分化に……衛士コート……か。
レハ党の中の人が何やらアップを始めそうな予感です。
ここ数日メモ帳と向かい合いながら考えてたのを以下に。
黙々と『旅』をBGMにしながらメモ帳に向かい合ってました。
これはこれで至福。そして長文注意。


skypeお喋りにお付き合いしてもらえて、中の人がご満悦です(*´д`*)
さて、盛り上がっていた話題はかもかて好きED。
全キャラ一覧を並べて見比べながら、「そうだなーヴァイルはねー★」みたいな
何これすごく女子っぽいね!!
あれ、そうでもないのかな。女子っぽいってなんだろうね。私にはさっぱり分からないや。
しかしながらクリア状況見て頂ければ分かると思うんですが
何しろ偏りがひどいモンなので、サニャちゃんとルー様に関してはもう語る間もないっていうか。
そもそも選択肢すら出せない有様でした。
そしてグレオニーの好きEDに関してはあっさりとスルーされました。
ううん、いいんだ。悲しくなんてないよ。
\愛情と友情C!/
そしてお喋りしていた好きEDをもっかい整理してました。
どうも頭の回転がよろしくないので、リアルタイムでのお喋りだとうまく伝えられてるのかだとか、
言い忘れてたりだとか、諸々あるのです。
そして好きED好きED。
◆ヴァイル
ヴァイルEDで一番好きなのは、レハト王位継承の友情。
というより、一番安心して見てられるのが、このED。
みなぎるという意味では反転憎悪も好きだけど、
ヴァイル反転憎悪、と言うよりは、誰かと一緒の反転憎悪になっちゃう。
グレオニーのEDロール見たさに、一体何人のヴァイルさんが憎悪の犠牲になったことか……。
台詞のぶわああああな感じは愛情に全部詰め込まれているのだけど、
お互いがお互いの領分を持っている感じの友情は、中の人が落ち着く感じです。
◆タナッセ
タナッセ党員のお二人にものすごい勢いで解説賜りました。あざす!
タナッセについても友情EDの方が好きです。
そして友情EDで告白して振られるのが好きです。
というより、私はタナッセの面倒見の良いお兄ちゃん属性が好きなんだろうな。
この人、きちんと褒められる人なんだよね。それがすごい。
それにしてもタナッセは、知れば知るほど、憎める要素が無くなっていく。
これはかもかてキャラクターの皆さんに言えることでもあるのだろうけど。
良くも悪くも誠実過ぎるんだよ素直ッセめ。
◆リリアノ
陛下は愛情B、ランテ同行EDがすごく好き……!
王を離れた瞬間にあの威厳に満ち溢れたリリアノさんが急に儚くなる様子が切なくて堪らない。
一気に生気が無くなるというか……。
最後の最後まで絶妙なところで受け入れられていない感覚だとか、
レハトの存在は別に生気には関係ないっていう感覚だとか、
こっちのEDだとレハトが居ようが居まいが変わらなかったのだろうなと思えてそこがまた好き。
何かは変わったのだろうけど、でも何も変わらなかったのかも知れない。
年長者の持つこれまでの重さと、レハトの存在を天秤にかけた時に、
これまでの重さが勝ってしまったようなEDなのが堪らんのです。
◆ローニカ
ローニカだけは、憎悪と殺害が好き。
だって愛情も友情も、幸せなら幸せなほどEDロールで泣くって分かってるんだもん!!!
だったら刺すよね!
ってskypeで叫んでました。
特にローニカ憎悪の場合だと、レハト様のエグい感じの鬼畜感が素晴らしい。
そこを抉るか!そこまで知っといてそこ抉るか!っていう。
そこでついてくるローニカにもじわじわ来るのです。
◆サニャ
サニャちゃん、実は愛情EDしかやったことない上にクリア回数1回っていう……。
何でだろう、登場してる時はあんなに癒されたというのに。
多分に中の人の性質だと思います。
◆グレオニー
は、もういいか。
愛情と友情Cが好きだよ!手元に置いておきたいよ!
友情Cのその後なんてもう、妄想が暴発するくらいには大好きだよ!!
◆モゼーラ
ごめんなさい、モゼさんも愛情と友情を辛うじてクリアしただけで……。
当方のレハト様はあまり賢い子ではなかったんで、
継がれゆく世代で熱くリリアノ陛下と正しさとは何か国が向かうべきところはどこかを語ってる最中
( ・ω・)<なんかむずかしい話してんな
って一人傍観してました。
とりあえず菓子食おうぜ!
◆ティントア
ティントアは神殿に向かう愛情EDが好き。
ここでティントアが話してくれる言葉がすごくドラマチックで好きなのです。
愛情吹っ切って接触の増えたティン様にどぎまぎしながら過ごした愛情EDだったけど、
改めてイベントを振り返って、ティン様の語る神様像が好きなのだと気付きます。
魔術まである世界なのだけど、神様に関してはあくまで信仰心だけが寄る辺となっていて
目に見える……というよりも、実感出来る形で神様って出て来ない。
ただ祈る対象であって何もしない神様像が好きなんです。
ちゃんとイベント埋めて、もう少し神様の話集めたいな。
◆ルージョン
ごめんなさい、ルー様も愛情1回を辛うじて回収できただけです。
最後の性別はどっち選んだかな。男選んでたな。
納豆対策で。
むしろEDではおばーちゃんに印愛がダダ上がってた気がする。
◆トッズ
トッズは友情派。王位継承しないBが好きです。
元々トッズの友情シナリオ自体、貴族とレハトの関係が見えるところが好きだったので
さらに貴族の中で生きていくこのEDが一番好きなのです。
この妙にピリピリとした「僕の戦いはこれからだ!」感というか。
またトッズシナリオのレハト様は他ルートと比べて圧倒的に腹芸に秀でているんで余計に。
◆ユリリエ
裏切が!裏切が!!
と言いたいとこですが、愛情Aも好きです。
裏切も愛情Aも、ようやくユリリンと対等になれた気がする。
それまではずっと、何だかユリリンの手の平で転がされてた感じ。
己の言葉で愛を語れるユリリエの強さは、どれだけ自分の中で問いかけ続けてきたんだろうな。
ただし、今後の未来が楽しみ的な意味で好きなのは友情。
舞踏会荒らし!


そしてここまで出した状態で、自分のこの好きEDの偏り方に
何か方向性は見出せ無いのかと、さらにメモ帳相手に相談を繰り返してました。
傾向があるのは何となく自覚してるのだけど、その傾向はどこから由来してるのだろう。
それはそれで偉い長文だったので、調整しつつ、次記事で。

関連記事